FC2ブログ
自営業 跡取りの嫁 中学3年生1年生の母としての記録です。 今時あまりない環境で、いろんな事と戦っていきます♪ サクセスストーリーになると信じて…

サンタさんを信じている小学校三年生♪
2012-12-08 Sat 19:42
小学校三年生のМちゃんは、サンタクロースの存在を信じている・・・・・と思う。


まさか、三年生にもなると信じているふりをしているのかな?って思ったけれど


まだ信じていると確信した。


誕生日がクリスマスイブ。


いつもならお兄ちゃんが10月生まれなので、お兄ちゃんと一緒に誕生日プレゼントをあげていた。


が、やっぱり本当の誕生日にほしいってことで、


昨年から誕生日にクリスマスプレゼントも一緒にもらい、プレゼントだらけとなった。



Мちゃんは「誕生日プレゼントはあれとこれと・・・・ほしいけれど


      高いのもほしいんだな・・・・・


      どうしよう!!!そうだ!!!高いのは他人に頼むわ!!!!」


はあ???他人???


「他人は、サンタさんだよ。お母さんお金なくなったらいけないからさ」


これも作戦か?と思っていた。


が……夢を壊してもいけないけれど


本当はどう思っているのか、聞いてみた。


「Мちゃんサンタさんって誰だと思う?」


Мちゃん「あのね・・・小学校の友達はサンタさんは親だっていうんだよ。


     でもね、友達のSちゃんは、お父さんがサンタさん見てしまって、


     サンタさんがびっくりしてプレゼントくれなかったんだって。


     だからさ、クリスマスの日はお母さんは早くМと寝ちゃお!!!

     手を縛って寝てさ。

     そしたらさ、サンタサンがいること証明できるでしょ???

     まさかパパじゃあないと思うし。」



やっぱり本当に信じているか・・・・・・


それはそれでかわいいな・・・・・・




ホント子どもらしい子供だ♪


そして、サッカーの夜練を送っていくときのこと

『もしかしたら、サンタさんって神様かな?きっとそうだよ

 だったらね、M空を飛べる羽をもらう!!』

そんな発想が思い浮かぶか!!!

おもしろい。

でも、それは誰も持ってないからもらえないよというと

『じゃあお母さんが24歳になるように頼むわ』


え~!!!
お母さんはそんなに老けていて(41)るからかな?ときくと

『ちがうよ。そしたら死ぬのが遅くなるじゃん』


かわいい答えに涙がでそうになった。


うれしくて、クリスマス奮発しちゃいそうだ。






お兄ちゃんは、親がサンタと知っていたけれど

知らないふりを昨年までしてくれていた。

それはそれで、気を遣わせてしまい申し訳なかったな~

スポンサーサイト



別窓 | 子どもたち | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<許し難いこと | その先へ… | 私の小学校の頃の先生たち>>
この記事のコメント
[]
家の2年生、がっつり信じています・・・・
だから、プレゼントも、秘密。とか、サンタさんに頼む分と、パパとママに頼む分を分けてますよ・・・・
あはは・・・・(涙)
2012-12-10 Mon 00:05 | URL | キタ子 #- [内容変更]
[キタ子さま]
サンタさんを信じている頃って
たまらなくかわいいですよね。

そのままでいてほしいですよね。

羽がほしいは叶えてあげられなくて
残念ですが(笑)
2012-12-14 Fri 20:54 | URL | れいこ #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| その先へ… |